エルミタージュ ドゥ タムラ
シェフ・田村良雄  
シェフ 田村良雄


1953年、群馬県生まれ。

1971年、東京電力に入社するも、24歳でサラリーマン生活に終止符を打ち、フランス料理の世界に飛び込む。

東京アメリカンクラブ勤務を経て、本場の味を求めて渡仏。フランスの名店「エルミタージュ・ドゥ・メッソニエ」「アンリ・キャトル」「ネグレスコホテル」で4年間の修業。

帰国後は、1986年に東京・千鳥が淵「フェヤーモントホテル」の総料理長を務める。1990年東京・西麻布に「ラフェドール」を開店し、オーナーシェフとなる。

2000年、軽井沢の豊かな自然とそこで育った食材たちに魅せられて東京を引き払い、長野県軽井沢町に移住。同年4月、同地にフランス料理店「エルミタージュ・ドゥ・タムラ」を開店。

2017年3月、弟子の大塚哲也に同店を引き継いだ。